知らなかった!?うつ病の人へどのように接したらいいか

原因から離れて治療すること

うつ病を治療するためにはその原因となっているところから離れることがあげられます。特に最近では会社でのストレスやいじめなどで精神的にめいってしまい、発症するケースも多々あります。そのような場合には、会社を休職して、しばらくは会社を休んで仕事から離れることが治療するための第一歩になることも多いです。会社としても、理由が会社にある場合には、直接本人と連絡を取るのではなく、間に専門機関を入れて状況を把握することもあります。

定期的なヒヤリングの実施

治療中の人に対してはプレッシャーをかけないことが大切です。休職したために仕事が滞ったとか、問題が起きたとかという発言は慎むべきで、できるだけ仕事のことを考えずに治療に専念することを伝えます。また休職中には連絡を一切取らないのではなく、定期的にヒヤリングをすることが大切です。連絡を取らないと、休職している社員が孤独感を感じることもあり、それがまた逆効果になります。またよく言われるような、頑張れなどといった発言も控えるべきです。

うつ病を知って対応すること

頑張れという言葉は、うつ病の人にとっては逆効果になることが多いです。それは、本人としては精一杯頑張っていると考えている人が多く、更に周囲から頑張れといわれては、自分自身が周囲から頑張っていないと思われていると考えてしまうためです。うつ病の場合には、言葉にしても捕らえ方がマイナス思考になっていることが多いです。そのため、うつ病などになっている人に対してはどのように接するのがいいのかを、担当医からアドバイスを受けて対応した方がよいです。

ストレスを溜めていませんか?休みの日もやる気が出ない、眠りが浅いなど症状があれば早めにうつ病チェックしてみましょう。