手術?自力?コンプレックス解消包茎の治し方!

包茎の種類は3種類存在!

包茎には3種類存在していて、それぞれ症状も異なるものです。この3種類の違いは自分自身でも簡単に判断することが可能で亀頭に被っている包皮を剥くことで判断できるんですよ。1つ目の仮性包茎は手で簡単に剥くことが出来るタイプで、勃起時に自然に剥ける軽度のものから被ったまんまの重度まで様々です。もう1つがカントン包茎で、剥くことは出来るものの包皮出口が狭く無理に剥くこと締め付けてしまうタイプです。最後が真性包茎で亀頭と包皮が癒着するなどして剥くことが出来ない包茎になります。

自力での治し方とは?

3種類の包茎があることは分かりましたが、これを治すには自力で行う方法と手術による方法が存在するのです。自力で治すのは仮性包茎は常に剥いた状態を器具を使用したりして維持する事で剥き癖を付けるというものが多いです。他にも包皮口を拡張するような器具を使用したり下着が矯正器具になっていたり、皮膚用の接着剤などを使用して亀頭を露出した状態を維持するというものがあって、基本的には仮性包茎を治すというのがメインになっていますね。

確実に治す手術とは?

器具を使用したりしてもなかなか治せなかったり、重度な包茎を治療するにはやはり手術が最も近道になっています。余っている包皮を切除してしまうので確実な効果を得ることが出来るものです。1回の手術時間は1時間弱程度で専門の医師が行うので安全性も高くなっています。費用や傷跡などの心配は当然残るものですが、包茎というコンプレックスをすぐに解消したいという人にとっては手術で確実に治すことが最も近道であることは間違いないでしょう。

包茎とは男性のペニスの通常時において、亀頭の部分が周りの皮にある程度覆われている状態を指します。程度によって真性、仮性などの種類に分けられ、場合によっては手術による治療が推奨されることもあります。