こんなに違うの!?話題のLED照明とは・・・

最近よく聞く「LED照明」って・・・?

みなさん、最近LED照明という言葉をよき聞きませんか?よく聞くけど、そもそもLED照明って・・・?という疑問を持っている人も多いはず。LEDとは、別の名称では「発光ダイオード」といって、半導体の一種です。電気を流せば発光します。そして、LED照明が、この半導体を使用した照明器具のことをさすのは、何となく分かりますね。1990年代に開発されてから徐々に技術が発達し、近年では急速に需要が高まってきています。

じゃあ、LED照明と他の電球の違いって・・・?

LED照明と他の電球の主な違いは、寿命や消費電力にあります。まず寿命を具体的に比較してみると、白熱電球の寿命が1000~2000時間であることに対し、LED照明の寿命は40000時間となっています。約20倍から40倍の違いがありますね。また、消費電力に関しては、白熱電球と比較すると約5分の1だそうです。こうして見ると、寿命が長く消費電力も他の照明器具と比べて少ないので、電球の交換の手間がはぶけますね。

他にもたくさん!LED照明のメリット

まず、上記の通り電球交換の手間がはぶけるのは最大のメリットですね。しかし、LED照明のメリットはこれだけではありません。消費電力が少ないので、電気代を節約することができますし、二酸化炭素をあまり排出しないのでより環境に良いと言えます。また、つけたり消したりの頻度が多くても寿命が早まることもないですし、衝撃に対しても強いので、壊れることも少ないです。どうでしょうか?今話題のメリットたくさんのLED照明。照明の交換時期になったら、LED照明にしてみるのもいいかもしれませんね。

LEDライトパネルは消費する電力が非常に少ないので、省エネルギーで長時間使うような場合でも安心です。