フル活用しよう!ふるさと納税のお得な利用方法

野菜やお肉などの特産品で食費を節約しよう

ふるさと納税は、寄付した金額に見合った各地方自治体の特産品をもらうことができ、ご当地の牛肉や豚肉、鶏肉、野菜や果物など、生産地の特色を活かした特産品が充実しています。特に、北海道や宮崎県などでは、牛肉や豚肉の特産品が多く、もらえる量も比較的多くなっていますので、効率的にふるさと納税の制度を利用すると、食費が節約できますよ。食肉に関しては、冷凍で郵送されますので保存してこまめに食べることもできますので、家計としては大助かりですね。

買い替え時には最適!パソコンやタブレットをもらおう

ふるさと納税の特産品の中には、パソコンやタブレットなどの通信端末を贈答品としてもらえる自治体があります。実際にパソコンやタブレットを工場で作っている自治体では、寄付金と同等の金額で購入できるスペックの端末も特産品として募集しており、パソコンやタブレットを買い換える際は、ふるさと納税の制度を使ってお得にもらうのも一つの節約方法になりますよ。ただし、通信端末は人気がありますので、申し込みには制限があることを認識しなければなりません。

お得な宿泊プランも!旅行費用を節約しよう

ふるさと納税でもらえる特産品は、物だけではありません。地方自治体の中には、その地方の特色を活かした旅行プランを寄付のお礼として提供しているケースもあります。今まで知らなかった地方の魅力を知る良いきっかけにもなりますし、旅行費用を節約する場合でも有効に制度を活用することができますので、地方へ寄付することで貢献できる点と合わせると一石二鳥ですよね。宿泊料や食事、交通費も付いているプランが充実しているのも嬉しいですよね。

ふるさと納税の控除額は、昨年度の年収によって決まっており、年収が多ければ多いほど控除額も増える仕組みになっています。